妊娠初期 便秘

妊娠初期の便秘の原因とは?

妊娠初期の便秘の原因は、さまざま考えられますが、やはり「つわり」による食生活の変化がたいへん影響していると思います。

 

 

例えば、妊娠前は好きだった食べ物の臭いをかいだだけでも吐き気をもよおしてしまったりすることがあります。

 

 

つわりにより食事の量が減少することにより、便のカサが増えないために便秘になってしまうということですね。

 

 

また、つわりになってしまうと、何を食べても吐き気をもよおすのではないか?という食事に対して嫌悪感が起こってしまうため、便秘を解消するということまで頭にまわらない妊婦さんもきっといることでしょう。

 

 

それに、妊娠する前はよく運動をしていた女性が、妊娠をきっかけとして急に運動量が減ってしまい運動不足になることにより、便秘になってしまう方がいます。

 

 

運動不足により腸のぜん動運動が悪くなってしまい、便秘になってしまうということですね。

 

 

さらに、妊娠初期は、妊娠に対する体や生活の変化が起こり、ストレスを感じてしまう時期です。ストレスは、腸のぜん動運動に関する自律神経に影響を及ぼしてしまうといわれています。

 

 

ですから、ストレスは、便秘の原因になることは十分考えられます。

 

 

もし、あなたが妊娠初期より便秘に悩まされるならば、出産時まで不安になると思いますが、あなたなりの便秘対策を実施していきましょう。