妊婦 便秘薬 流産

妊婦の便秘薬の使用は流産の危険性はあるの?

妊娠中の女性は、便秘になりやすくなる方がほとんどではないでしょうか?特に、妊娠前から便秘症に悩んでいた女性でしたら、さらにひどくなってしまう可能性がありますね。

 

 

何とか妊娠中の便秘を改善しようと、食事に気をつけたり、運動したりしていろいろと試される妊婦さんも多いと思いますが、なかなか頑固な便秘を解消できない方もいるのではないでしょうか。

 

 

そこで、産婦人科の先生に相談して、便秘薬を処方してもらうと思います。何をやってもダメな場合は、便秘薬の服用は良いと思います。

 

 

よく産婦人科の先生から処方される便秘薬は、酸化マグネシウム系のお薬で水分を失い硬くなってしまったウンチを柔らかくして排便を促進してくれます。

 

 

逆に、市販の便秘薬は決して使用してはいけません。例えば、大腸を刺激するようなアントラキノン系のものは、子宮を収縮させる働きがあるため、流産する危険性がるようです。

 

 

例えば、センナ、ダイオウなどのダイエット茶に含まれたりしている成分のものが該当しますので、注意してください。

 

 

しかしながら、医師から処方された便秘薬は、たしかに安心感がありますが、できれば妊娠期間中は便秘薬を使わないのが理想的ですね。

 

 

妊娠期間中は、何かとたいへんだと思いますが、無事に元気なお子さんを出産して頂きたいと思います。