妊婦 便秘 食べ物

妊婦の便秘によい食べ物とは?

妊娠中の便秘を解消するのにどうしたらよいか?と悩んでいる女性多いのではないでしょうか?基本的な便秘解消方法は、食生活と適度な運動だと思います。

 

では、どのようなことを意識して食事をしていけばいいのでしょうか?

 

 

よく便秘によい食べ物として有名なのが食物繊維ですね。食物繊維でも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

 

水溶性食物繊維は、リンゴやプルーンなどの果物やワカメや寒天などの海草類、コンニャクなどに含まれており、ウンチをやわらかくしてくれる働きがあります。

 

 

また、不溶性食物繊維は、ゴボウなどの根菜類や豆類、キノコ類に含まれおり便のカサを増やしてくれるといわれています。

 

 

一般的には、不溶性食物繊維も便秘解消に役立つものですが、妊婦の方が摂取するとウンチが出にくくなってしまう場合もあるようなので注意してください。

 

 

それと腸内環境をよくしてくれる食べ物としては、発酵食品ですね。ヨーグルトなどの乳酸菌を含むもの、キムチや納豆なども有名です。

 

 

あとは、水分を意識して摂るようにしていきましょう。ただし、妊娠後期において水分の摂り過ぎは、妊娠高血圧症などになるリスクもあるため、注意が必要ですが、一定量の水分は、やはり必要です。

 

 

腸内でウンチをやわらかくするためには、かかせません。

 

 

よく、起床時に水を飲むとお通じがよくなると聞いたことのある方もいると思いますが冷たい水だとお腹が冷えたり、下痢を起こしてしまうことがありますので、妊婦の女性にはあまりおすすめできません。

 

 

妊婦さんのなかには、妊娠中つわりがひどくなって食べることがままならない女性もいると思いますが、お腹の赤ちゃんのためにも、便秘にならないような食べ物も意識して摂るようにしていきましょう。